湖西市長「福島見て脱原発決意」 浜岡停止訴訟初弁論

10月 13th, 2011

中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)をめぐり、県内の住民や弁護士ら34人が、中部電を相手に、運転終了と核燃料の安全な保管などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が13日、静岡地裁であった。中部電は請求の棄却を求め、全面的に争う姿勢を示した。(asahi.com)2011.10.13

本文はこちら

「浜岡原発の選択」を単行本化 14日から県内発売

10月 13th, 2011

中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)1、2号機の廃炉と6号機の新設などをキーワードに、原子力行政の現状と課題を現場ルポを通して提起した静岡新聞社の連載キャンペーン「浜岡原発の選択」が単行本になり、14日に県内書店や静岡新聞販売店などで発売される。(@S)2011.10.12

本文はこちら

浜岡原発廃炉訴訟、中部電が争う姿勢 静岡地裁で初弁論

10月 13th, 2011

浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)は立地条件が悪く安全性を保てないとして、静岡県の弁護士ら34人が政府の要請などで停止している3~5号機の廃炉と、運転を終了した1、2号機を含む使用済み核燃料の安全保管などを中部電力に求めた訴訟の第1回口頭弁論が13日、静岡地裁(山崎勉裁判長)で開かれ、中部電は全面的に争う姿勢を示した。(日経新聞)2011.10.13

本文はこちら

浜岡原発廃止訴訟:「事故なら市民危険」 原告が意見陳述

10月 13th, 2011

静岡県内の弁護士ら34人が中部電力に浜岡原発(同県御前崎市)の廃止などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が13日、静岡地裁(山崎勉裁判長)で開かれた。原告の一人で、同原発から10キロ圏にある牧之原市の大石和央市議は意見陳述で、「浜岡で米国のスリーマイル島や福島第1原発のような事故が起きれば、多くの市民の命に危険が及ぶ」と訴えた。(毎日jp)2011.110.13

本文はこちら

静岡・焼津市長も「浜岡原発永久停止に」 30キロ圏内

10月 13th, 2011

中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)から30キロ圏内に入っている同県焼津市の清水泰市長は、3日の記者会見で、浜岡原発を「永久停止」にすべきだとの考えを表明した。(asahi.com)2011.10.4

本文はこちら